マルタイの棒ラーメンが仲間に加わった!

無性にお家で美味しいラーメンを食べたいのに、普段あんまり料理しないからって諦めてませんか?

自分でラーメン作るなんて時間も手間もかかって面倒くさい!って思って結局カップラーメンに妥協してませんか?

私も40年近くそんな感じでした笑

そんな時にとても頼りになるのがマルタイの棒ラーメンです

実際に料理が全然得意ではないワイが、この前初めてマルタイの棒ラーメンを作って食べましたが、とても簡単にすぐに作れて、味も文句無しでした!

マルタイの棒ラーメンは、私たち「料理あんまりしない勢、ズボラガチ勢」にも恩恵を最大限与えてくれます笑

今日はそんなマルタイ棒ラーメンについて料理あんまりしない人」目線で紹介していきます

では参りましょう!

マルタイの棒ラーメンとは?

マルタイの棒ラーメンとは株式会社マルタイの看板中の看板商品だ

正式名称は即席マルタイラーメン(レギュラータイプ)だ

他の種類も販売されているが、マルタイの棒ラーメンを言えばこのレギュラータイプを指すことが大半なのだ

味はあっさりしょうゆ味なのである

株式会社マルタイは福岡県福岡市西区に本社を置いている。商標名の「味のマルタイ」と呼ばれることも多い

昭和34年に発売された即席棒状めんのパイオニア商品であるマルタイの棒ラーメンは九州を中心に西日本で高いシェアを誇り、近年では首都圏でも販売されるようになってきている

値段は一袋150円〜200円ぐらいでスーパーやドラッグストアなどに置かれていることがある

楽天やAmazonではスーパーなどよりも安くまとめ買いできることが多い

まべちがわ
まべちがわ

東日本でもたまにスーパーとかで見かける時あるね!

アシスタントのさめこ
アシスタントのさめこ

よく食べるから私は定期的にネットで注文しているよ!

調理開始

作り方はとてもシンプル

親切にも袋の裏側に作り方が載っている

用意するものはフライパンと丼、箸ぐらいがあれば十分だ

1袋で2人前の量とのことだが、腹ペコなこともあり今回は2人前作ってワイが全部食べるつもりである

では作っていこう!

①まずはフライパンや鍋に水を入れて沸騰させる

②沸騰したお湯の中に棒ラーメンを2束ぶち込んで約3分間煮込む

③ぶち込んでから約3分経過したら火を止めて付属のスープ、調味油を加えてよく混ぜ混ぜする

④丼に盛り付ける

今回のトッピングはシンプルにスーパーで買った刻みネギだけである笑

というかネギしかないのである。。

美味そう!

あ、そう言えばゆで卵1つ余ってたんだ!

何か豪勢になった笑

もう終わり!

たったこれだけ!

ワイは普段あんまり料理はしないが簡単で10分ぐらいで完成!

初めてのマルタイ棒ラーメンを食べた感想

正直なところ、これがお家で素人が作れちゃうの?というのが第一印象でした

スープはあっさりしょうゆ味なだけあってゴクゴク飲んじゃうほど良い意味でクセがない

日本人の老若男女が大好きな味だろうな、これは

ロングセラーなだけあるなぁ、ワイは40年近く知らなかった。。

お酒飲んだ後にこれでシメたいと切に思った笑

そして麺である

約3分茹でた麺は少し硬めでワイにはちょうど良かった

柔らかめが好みの方はあと30秒ぐらい長めに茹でてみると良いと思われます

当然なことだが、その辺のカップラーメンや袋ラーメンにはまず表すことができない本格的なストレート麺としょうゆスープのコンビネーション

今回は半熟卵がたまたま乗っかっていたけれど、棒ラーメン自体の素材がとっても良いからネギだけでも満足できる

何なら、お金ない時だったらもやしでも安く買ってきて一緒に煮込んでおけば全然良さそう

1袋2人前と書いてあるけど、腹ペコの時だったら余裕で男1人で食べられるぐらいの量でした

まとめ

マルタイの棒ラーメンは私たち「料理苦手、めんどくさい勢」にとてもフレンドリーです

お家でこんなに本格的なラーメン作れるのはマルタイ棒ラーメンぐらいだけでしょう

九州を始め西日本ではどこのスーパーでも簡単に手に入るのでしょうか?

栃木県宇都宮市に住んでいるワイの印象だと、マルタイの棒ラーメンを置いているスーパーやドラッグストアはまだまだそんなに多くない印象です。。

たまに見かけるぐらいでしょうか、見かけても値段が200円ぐらいで置かれていたりします

これだけのクオリティなのであれば、食べたい時にいつでも食べれるようにネットでまとめ買いしておきたいですね

マルタイの棒ラーメンには他の種類もあるのでまた今度探してきたいと思います

今夜はラーメン作っちゃいましょう!

ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA